― 創業嘉永元年 森重 ―

住所:兵庫県姫路市魚町126番地

tel:079-223-2517

​ご予約等お気軽にお問合せください

  • Facebook Clean

© 2017 創業嘉永元年 森重 Wix.comを使って作成されました

​森重のこだわり

​香ばしく『焼ききる』

鰻は、何よりも素材そのものが一番大切です。

管理状態を熟知した上で、その時いちばん活きの良いもの(九州や静岡県から)を厳選して仕入れております。

蒸しを入れない関西風の焼き方にこだわり、炭火で香ばしく『焼ききり』、皮はパリッと、身はあくまでふんわりと。

創業当時から継ぎ足されてきた秘伝のタレをかけて仕上げております。

◆「まむし」の由来

森重では、鰻丼(御飯の上に蒲焼を乗せたもの)を、『鰻まむし』と呼んでいます。

「まむし」というのは、関西での「鰻丼」の古称であり、その語源にはいくつか説があるようです。

・蒲焼を切って御飯にまぶしたことから、

「まぶし」→「まむし」になった。

・関西の鰻の食べ方で、蒲焼を御飯の間で蒸すことから「ままむし(飯蒸し)」→「まむし」になった。

・間で蒸すことから「間蒸し」→「まむし」になった。

・鰻飯(まんめし)→「まむし」になった。

上記のように諸説様々です。

​寒い冬には、かき料理を

​森重では鰻料理のほかに、季節料理と致しまして牡蠣料理をお楽しみ頂けます。

(10月下旬頃~3月下旬頃)

牡蠣は瀬戸内の海より(現在は兵庫県相生産)仕入れております。

数ある料理の中でも、広島の府中白味噌で仕上げた「牡蠣土手鍋」は

心も体も芯から温まる逸品です。

釜で炊き上げた「かきめし」や風味豊かな「かきフライ」もございます。

鍋料理に欠かせない日本酒は「剣菱」、冷酒は「米のささやき」「雪彦山」を

ご用意しております。是非ともご賞味くださいませ。